悪酔い防止にお酒を飲む前に牛乳は本当に有効か?

よく悪酔い防止のために「飲む前の牛乳を飲めばいい」といわれています。
その理由は牛乳が胃の中で膜を作ってアルコールの吸収をゆっくりにする説です。
ただアルコールは牛乳よりも分子が小さく、牛乳で出来た膜がその吸収を遅くすることはできません。
ですから、牛乳を飲もうが飲ままいがお酒のアルコールの九州にはあまり関係はないのです。

じゃあ「お酒を飲む前の牛乳って嘘なの?」とお思いになるかもしれません。

でも、決してそうでもないんです。

牛乳でアルコールの吸収を抑えることはできませんが、アルコールの分解のスピードには影響があります。
通常、アルコールを分解するのに7~8時間程度かかるといわれています。
しかし牛乳を飲んでいるとそのアルコールの分解速度が5~6時間くらいにまで短縮されるという研究結果があるのです。
ですからあながち「お酒を飲む前の牛乳」も否定できないんです。

しかし、「お酒を飲む前の牛乳」にも少し問題があります。
それはよく「牛乳を飲むとお腹を壊す」方が多いのもあります。
欧米人や中央アジアの人に比べて、日本人は牛乳を分解する酵素を持っている和試合が少ないのです。
日本人で牛乳を分解する酵素を持ているのは7割程度ともいわれています・
昔は日本人に牛乳を飲む習慣が無かったからかもしれません。

ですから
お酒を飲む前に牛乳
よりもおすすめなものがあります。

それは
「ウコン」
です。
ウコンに含まれる「クルクミン」という成分が胆汁の分泌を活発にし、二日酔いの原因アセトアルデヒドの分解を早める解毒作用があるのです・
ただ。毎日お酒を飲むからといって、このウコンを摂りすぎてはいけません。
ウコンには鉄分が多く含まれていています。
鉄分は人間委は必要なミネラルではありますが、摂りすぎると肝臓に沈着し肝臓の働きを低下させることもあります。
またイカヤシジミなどに多く含まれる「タウリン」もおすすめの成分です。
これらはアルコールの分解に疲れた甘草をいたわってくれる働きがあります。
ikko シークワーサー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です