セックスでベッドでの男らしさと女らしさの違い

これだけ男女平等と言われているのですから、セックスでベッドの上でも男と女は平等でなければいけません。
確かに今まではセックスでは男性主導型とされてきました。
※現実は別にして・・・
今は社会に出ていイキイキと働く女性がたくさんでてきているように、セックスでも自分の主張を積極的に男性に伝えることは決してもう恥ずかしいことではないのです。
男性が気持ち良くなるように、女性も気持ちよくなる権利は平等なのです。
それが本当の男女平等であり、それこそが理想のセックスでもあります。
しかし、そこには微妙に異なる点もあります。
それはセックスにおける「男らしら」と「女らしさ」が異なるからです。

特に男性はセックスにおいtれ「男らしさ」というものをよく誤解しています。
セックスにおける「男らshじさ」とは「荒々しさ」「力強さ」ではありません。
地からおp限り女性の乳房を揉んでも、女性はただ痛いk時だけです。
力強く激しいピストン運動をしても女性が気持ちいいとは限らないのです。

セックスでのお従兄弟らしさや女らしさは個人によって大きく変わってきます。
ですから
これが男らしいセックス
これが女らしいセックス
とは定義できないのです。
しかし、あるていどは定義することができます。
それは
男性は
愛する女性を大事に扱うこと
女性が感応する姿を美しいと思うこと
です。
女性は
男性に身も心を開いて優しく包みこんであげること
です。

男性と女性が互いのパーソナリティを尊重しあい、身も心もハダカになってお互いの姓をさらけ出すことが「男らしさ」「女らしさ」ではないでしょうか。

そこに固定観念や常識というものを持ち込んではいけません。

夫婦や恋人にはそれぞれのせっくすにおける「男らしさ」や「女らしさ」があるのです。
それはまさに百人いれば百通りです。
それをお互いが協力し合って見出していくことに他なりません。

こんなセックスをしたい
こんなセックスをして欲しい
夫婦や恋人同士で語り合える関係が重要です。
エクオール 作れる人 見た目

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です