女性が結婚相手になにを求めるか?価値観・安定・金銭感覚

女性が結婚相手の男性に求めるものも時代とともにん変化してきました。
好景気のバブル期には
・高収入
・高学歴
・高身長
いわゆる3K「です。

しかし、その後のバブル崩壊後の不景気では
・低姿勢
・低依存
・低リスク

さらに最近では
・価値観が合う
・金銭感覚が合う
・安定的な仕事についている
と変わってきています。
時に公務員や警察官や自衛隊などの安定的な仕事に就いている男性がモテだしました。
ナイナイの自衛隊員とのお見合いの番組が人気になったのもこの頃からです。
つまり女性が結婚相手の男性に求めるのが「安定性」が重要視されてきたのです。
男性の経済力が重要視されるのは昔も今も変わりません。
また経済力のある男性と結婚出来れば、生まれてくる子供にもそれ相応の教育もできます。
最近では東京大学や京都大学など一流大宇の親の年収が平均的に高いというデータは有名です、
これもきちっとした教育を受けさせるにはそれなりの経済力を持った親でないと無と言うことなのかもしれません。

しかし、問題なのは女性側が身の丈に合った男性を探さないことです。
いくら女性が男性に経済力や安定性を求めていても、他の女性も同じことなのです。
ですので、そんな男性はいわゆるモテる男性なので早くに結婚していきます。

まして、今の女性は精神的にも経済的にも自立した女性が増えてきています。
昔なら女性に20代は結婚適齢期でしたが、今の女性の20代は自分探しの時期でもあります。、
よく働き、よく遊ぶ
そんな時期を経て30代になて「そろそろ結婚?」と焦りだすのです。、
shじおかしm、そんな自立した女性ほど男性に対する目が肥えています。
自分よりも劣る男性などは恋愛の対象にするなりません。
しかし、あm割を見たら自分の釣り合う男性は見な結婚しています。
いたとしてもっ×1のだんせいくらいです。
一度でも結婚に失敗しているということはなにかしらの欠点があるかも?というのは私の偏見でしょうか。

女性はあまり理想を追わない方がいい
そんな完璧な男性などいないのだから
元彼 ストーリー 見ないほうがいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です